2019年6月24日月曜日

6月 ラッキー 

映画『Deadpool 2』の中で、作戦を遂行させる為の仲間を募る際の面接にやって来た女性キャラクター "Domino"への質問に
「で、君のスーパーパワーは何?」
ってのがあって、彼女が笑いながら
「私のスーパーパワーは "Lucky"な事よ♪」
と答える場面があるんだけど。

「単にラッキー♪ってだけじゃ、それは特別な能力じゃないじゃん」
と言われても
「ううん、私は特別にラッキーなのよ」
と食い下がって、
話の展開の中で実際、具体的にことごとく、本当に彼女が究極的にラッキーである事が証明されて、否応無しに説得させられる。

彼女くらいラッキーだったら、それは本当に超人的な能力かと思うけど。

私は凡人なので、勿論それほどまでにはラッキーでは無いものの、それでもここ数年での自分の人生は、何だか自分でも怖くなるくらい「夢でもみてる?」ってくらい恵まれていて、これってちょっと上手過ぎるンじゃない?と思う、ってのが正直なところ。

非凡じゃない証拠に、ラッキーとアンラッキーの波が交互にやって来るから、延々とずっと限りないラッキーが継続する訳じゃない、ってオチもあるんだけど。

過去には紆余曲折あり、思い掛けずに暮らすことになった米国のミネソタ州は、縁もゆかりも無い私たちにとって、色々と素晴らしい時間と環境を提供してくれた。

4年の間で借りて暮らした家も快適だったし、購入して住み始めた現在の家も文句の付け所が無いくらいに家族全員にとって理想的な間取りや広さで、引き篭もり傾向のお家大好き家族の私たちは益々家で過ごす時間が増えた感じ?

引っ越し後、手付かずになっていた最後の空間も片付けて、少しずつ掃除をしたり、古い家具に手を加えて置いてみたり。

元のご近所(ケイト)さんから貰ったソファを置いてみたり、エリアラグも置いて、カーテンレールも Davidが取り付けてくれたら、何だかいい感じのスペースは見る見る間にコテージとかロッヂとか、そんな別荘的な雰囲気の空間になって来た。

それでなくとも、デッキにガラスの丸テーブルとパラソルを設置したら、それだけで森の中のパティオみたいな雰囲気で、「ここは軽井沢?」って感じの満足感なのに。

半袖シャツに素足にサンダルを引っ掛けて、家の外と中の境界があやふやになるような開放感が本当に心地良く、「夏が大好き!」と叫びたくなるくらい。

キッチン上のロフトには私だけの空間のスタジオ/アトリエもあるし。

必要以上に干渉し合わない家族なので、それぞれ個別に居心地の良い場所で自由に好きな事に没頭して時間を忘れて過ごしてもなんら問題なく。

家の中に自分の好きなスポットが複数あって、気分に任せて空間を行ったり来たり。

家で過ごす毎日が既に極楽状態だから、バカンスなんて思いつかないくらいに。

ある意味、バカンスは「日常からの逃避」って部分も大きいと思うけれど、私には逃げ出したい理由もまるで無く、常に「お家バカンス」に浸ってる。

なので、日本への帰省(私にとってのバカンス?)への欲求もいつの間にか薄れ、以前のような強い必要性(子供達が成長してしまったこともあり)を感じる事なく、ミネソタ暮らしに溺れてしまってた、あっと言う間の5年間。

いよいよ両親も年老いて来た事もあり、そろそろ帰り時かも?とは思ってはいたものの、なかなか重い腰が上がらずにいたけれど、父の日の前後で実家に電話して久し振りに父親と話した際、なんとは無くの雰囲気に説得された感じ。

母が声を出すことが出来なくなって以来、電話での会話は諦めていたので、時々、忘れた頃に一方的ではあるけれど(返事が来る期待はないので)、拙い手書きの手紙を書いて、数枚の写真をプリントアウトして同封してた。

けれど最近、母が自分で食べるのが困難になり、姉からスプーンで食べさせて貰ってると言う話を聞いて、ショックと共に動揺してしまった。

物事が動き出すと、堰を切って流れ出す水の流れの勢いのように、自分でも驚くほど上手い具合に色んな事が速やかに、自然に、あるべき場所に次々と流れ着いて行くって感じの迫力にびっくり。

目には見えない不思議な力に身を任せて運ばれて行くかのような錯覚。

これが「ラッキー」と言う、凡人の私が少しだけ蓄えてるスーパーパワーなのかも?

手配できた航空券の日程が、ミネソタで兼ねてから予定してた私のイベントに支障をきたす事のない枠で嬉しいのをはじめ、同行する事に決めた Erikaの状況も同様。

秋からカナダの大学に入学するのに伴って寮生活を始めれば、夏の終わりには家を出る事になるから、母娘での二人旅行をするには貴重なタイミング。

家にはまだ Kaitoがいる(来春まで、かな?)から、日中、Davidが仕事に出掛けても家が留守にならず、Trixieも寂しくないし、食事や家事のあれこれを男二人で協力し合うことが出来る。

上野の美術館で開催中の『クリムト展』(7月10日まで)に間に合う!

地元の友達曰く「行きたいと思いつつ単独で行くのを躊躇ってた」らしいから、思い掛けず一緒に行けるし。

長野の友達が、たまたま東京の友達と合流する計画があり(数年に一度の確率)、その日程が偶然にも私の到着日の翌日で、私も合流することが出来る!とか。

何だか色んな事が図らずも自分に都合の良い方向に流れてる。

東京の友達は、80年代ロック好きの私と Erikaを、そんなテーマのバーに連れて行ってくれると言うし。

地元の友達は軽井沢への買物に同行してくれると言うし。

本当に有難いやら嬉しいやら。

5年振りの日本は、年老いた両親と、姉との再会を含め、現実の世界に直面すると言う意味では悲喜交々、感情のジェットコースター(英語ではローラーコースターだけど)状態間違いナシ!かとも思うと複雑な心境ではあるけれど、それはそれで覚悟して。

幼い子供たち2人を連れて単身(Davidは仕事だったし)で4週間とか5週間とか?長期帰省してた頃が、本当に遠い過去の事のように思える。

20歳になった Erikaと、年老いた中年の私自身と、女ふたり旅を、果たして喧嘩することなく穏やかに平和に過ごす事が出来るのかどうか。

都内では歩く距離が長いので、折りたたみ式のベビーカーに Erikaを乗せて押してたのを思い出すけど、今は私がおんぶして欲しいくらい歩き疲れちゃうかも。

Erikaの友達:エマも最近、彼女のお母さんと二人でスウェーデンを旅行したらしいんだけど、旅先ではいっぱい歩いたので(美味しい料理も沢山食べたのに)、体重が3〜4kg減ってたらしい。

私たちもきっと日本では美味しいものをたらふく食べると思うけれど、果たして痩せて帰るのか?肥えて帰るのか?謎。

カナダでは昔、格安航空券を2〜3ヶ月前から買ってた記憶なんだけど。

今は状況も変わり?到着も成田じゃなく羽田空港だし、出発も来週。。。!


*このドアの向こう側に手付かずになってた空間*


*3面にガラス窓の他、網戸がある screened porch
或いは 3 seasons room 又は sunroomと呼ばれる部屋で
私的にはロッヂとかコテージって感じ*


*先ずは最近まで Erikaが使ってた箪笥を化粧直し。
そもそもは Davidの両親のコテージにあった古い家具を譲り受けたもの*


*最近人気のチョークペイントを用いて*


*ハンドルも新しいものに交換*


*薄暗かった部屋の一角が色づいた感じ?*


*元のご近所さんから貰ったカウチを置いて、
新たに購入したエリアラグを置いて、
Davidが以前、オフィスで使ってたIKEAの安テーブルを置いた*


少しずつ心地良いコテージ空間に進化中。。。


*ドアを開けて一歩、ウッドデッキに出て森林浴も出来る*


風に吹かれ鳥のさえずりを聞きながら珈琲を飲む極楽。


と言えば!

私たちの米国引越し後、
懐かしくて恋しく思ってたカナダのコーヒーとドーナツの店
『Tim Hortons/ティム・ホートンズ』が
私たちの後を追いかけるように(?)
ミネソタ州に大々的に出店して、
「なんてラッキーなの!」と私たちを歓喜させたのが1〜2年前。

その後、贔屓にしてたのではあるけれど、
ビジネス/フランチャイズ契約的に問題があったみたいで
最近になって、その殆どが撤退+閉店してしまった。

残念無念、がっかりしたのも束の間、
Timmy'sのコーヒーは米国amazonでも買える事に気付いた。

注文すると翌日配達だし!

しかも店頭価格よりも安いじゃん〜!と言うオチで。

なんか世の中の仕組みとか変動について行けてないのを感じる。






*前回フッキングしたピザに続き、
今回は毛糸で編んでみたミックスピザの一切れ*

ペパロニやマッシュルームやピーマン、黒オリーヴはかぎ針編み。
生地とトマトソース+チーズの部分は棒針編み。

他にも色々作ってます。

日本へ行く3週間で手仕事をお休みするのはちょっと変な感じ。。。




7 件のコメント:

yana さんのコメント...

あらあら、急きょのご帰国ですね!!

お母様はお二人にお会いして、お元気になられることをお祈りします。

前のご帰国、5年前になるんですね。その少し前、主人とモントリオールを訪れるのに
何か情報はないものかとコンピューターを開いて、まゆみさんのブログを見つけ、
手仕事、お料理、と私の興味あることばかりで度々楽しく拝見していたのですが、
前回のご帰国がたまたままトロントから帰国の娘の便と一緒だったのが分かり、
ご縁を感じてはじめてコメントさしあげたように記憶しています。

その後私がアメリカで初めて住んだミネソタのセントポールに引越しされるとは
本当にびっくりしましたよ。
ミネソタの冬は日本では考えられないほど寒く長いけど、その分春や快適な夏は感動的で・・・
そして早い冬始まりはすごく悲しかったことは今でも忘れられません。

こちらはいよいよむしむしと暑くなってきました。
暑さと湿気でお二人とも痩せちゃうかも。

羽田から、京急のエアポート急行(10分に1本)で18分で我が家の最寄りの駅に着きます。
お時間があったら連絡ください。車で横浜をご案内します。
ブログご覧の方も是非どうぞ!!

良い旅でありますよう!!

Mayumi さんのコメント...

yanaさん♪

そうなのですよ!
昔は2ヶ月前とかに格安航空券を手配してたのですが、今回は2週間前の手配って感じで、自分でもびっくりです。

ありがとうございます。
両親とも80代の後半に差し掛かってますので、会っておけるのは楽しみです。
これまでも帰省の度に「これが最後でも後悔のないように」ってのは母と口癖のように言ってたのですが。
まぁ距離があるし高価だし、仕方がないです。

本当に不思議なご縁を感じさせられますよね。
ここでコメントを頂く方の全てが、実際にお会いしたことのない方達ばかりなのに、細くも長くお付き合いを頂いて有難いです。
お嬢さまと一緒の便って言うのは凄い偶然ですよね!
インターネットで人との出逢いの機会が増え、世界観や可能性の広がりを感じますよね。

アメリカは50も州があって、それぞれに違う国みたいな特色がありますが、たまたまミネソタ州だった事は本当にラッキーだと感じてます。
まぁ冬の気候は厳しいですが、カナダで馴染んでますし(笑)治安が良く災害も少なく治安も安定して文化に富んでる!
そうそう、冬の始まりは、本当にもうどうしようもないくらいの絶望感ですよねぇ。
その分、夏を満喫する!って意気込みが大きいのですが。
湿度が低く快適で、本当に楽園のような夏が嬉しいです。

日本は湿気が厳しいですよねぇ〜〜〜。ちょっと憂鬱。

yanaさんは便の良い場所にお住まいなのですね!
ご提案とご招待、ありがとうございます♪
横浜へは数回した行ったことがありませんので、ほとんど未知の土地ですが。
羽田に近い都内のホテルに1週間程度で滞在する可能性もありますので、では成り行きを見てみましょう。
まずは到着後、品川で3泊します。
その後は未定ですが。

ありがとうございます♪
久々の日本を満喫したいと思います。







Mutsuko さんのコメント...

何やら楽しい会話(実際は文ですが)が聞こえますねー。
まゆみさんの帰省が充実した日々になりますように、お母さま以前まゆみさんが義母様との旅行の時東京に呼び寄せ一緒に過ごされた時は元気なイメージだったので私も日記を拝見し驚きました。

娘と孫との時間楽しみでしょうね、家族との時間楽しんで下さいね。

まゆみさんは手仕事ない時間をどう過ごされるのか興味津々です、手持ちぶさたな事もあるかもですがエリカちゃんとの二人旅暇な時間は無さそうにも思えます、yana様のお誘いも魅力的ですね、是非実現される事祈ってます。

私も今御殿場在住ならば高速バスで東京でも横浜でも行けたのにーと会う約束もしてないのに座布団噛み噛みしながら北海道の空の下引っ越し荷物に埋もれながら悶えてます。

万が一北海道に来る時は連絡下さいまゆみさまブログ仲間御一同様歓迎します!

何はともあれ日本旅が有意義な時間になりますように!時間があれば明治村も行ってみてね。
フランクロイドライトの建築は観る価値ありです♪

では素敵な旅を


Mayumi さんのコメント...

Mutsukoさん♪

お引越しでお忙しい中のコメント、ありがとうございます!

そうなのですよねぇ〜、義母と宿泊したニューオータニの部屋にベッドが3つあったので急遽、母を呼んだのですが。
フットワークの軽い母で、私たちと別れた後も、独りで未術館巡りだか都内を歩き回ってから帰る、なんて言ってたのを思い出します。
私より体力あるジャン〜、みたいな感じに。(笑)

田舎なので、車の運転免許を諦めると、途端に行動範囲が狭まり、老いの進行が進むのかも知れません。
残念ですが。

日本は私にとって海外旅行なので(笑)て仕事どころじゃ無い〜ってくらい観光に忙しいかも知れません。(と、期待してますが)
とは言え、手芸店巡りをすると針が恋しくなることは確実。
取り敢えずスケッチブックを持参する予定です。
浮かんだアイデアを忘れないように。

ほんと yanaさんからのご招待にはびっくりで、嬉しくなりました。
初対面同士で集合出来たらドラマチックですよねー。

私もいつか北海道へ行ってみたいです。
あとはミネソタで集合!って手もありますが。(笑)
私もブログ仲間ご一同様、大歓迎で。

明治村、興味深いです!
ちょっと遠いので、どうかな?分かりませんが。
海外からの観光者は、多分、少ない日程でも日本国内のあちこち足を伸ばして廻るかと思うんですけどねぇ。
私はほんと、腰が重い、と言うか、旅慣れてない、と言うか。
まぁ、様子を見て、最大限に日本を満喫したいとは思いますが、でも、両親と過ごす時間がそれだけで貴重な気もするし。。。うーん。

取り敢えずは都内と軽井沢は堪能する計画です。

引越し後の片付けは1年くらい掛かるかも知れませんが、焦らず無理のないペースで楽しみながら出来ますように!
何と言っても今回はご自分のお家ですから、やり甲斐も数倍ですよね、きっと!
またインスタでのお写真で北海道の様子を覗けるの、楽しみにしています♪

まゆみ さんのコメント...

お家ヴァカンス最高っていうまゆみさんの気持ち良く理解できますよ。
日常がこんなにも充実していると、どこかに「逃避」する必要もないですもんね。

お母様のことご心配ですね。

でも、まゆさんとお孫さんの成長した姿を見たら、一気に元気が出るって思いますよ!

トントン拍子に日本への旅がタイミングで進んで良かったですね。
お誕生日も日本で迎えることになるのですね?

お嬢さんやご両親。お姉さんご夫婦とまゆみさんが歓談されてる姿が目に浮かぶようです。

関東の梅雨明けは20日頃だと思います。

暑さ対策万全で、楽しい旅となりますように。

Mayumi さんのコメント...

まゆみさん♪

コメントを頂いてから恐ろしく長い時間が経ってしまいました。
日本に来て、楽しく、慌ただしい日々を送っていました。

お陰様で、母は少し元気が出たような気もしてます。

私の誕生日には絶妙のタイミングで近所での花火大会があった様子で、窓から打ち上がる花火を鑑賞する事が出来ました。
やだわー、わざわざ私のお祝いに大袈裟に悪いわねー、なんて冗談を言いながら。(笑)

日本に到着したら、肌寒いくらいの気候で驚きつつも、暑くないのは嬉しかったです!
雨で残念ですね。。。なんて声を掛けてもらう場面も多かったですが、いえいえ、梅雨明け後の酷暑+猛暑よりは数段良いです!と答えてました。

ありがとうございます!

mags premiums さんのコメント...

www.nonwovenbagmalaysia.com.my/ www.magspremiums.com
MAGS PREMIUM GIFTS SDN BHD We specialize in premium and corporate gifts printing (cenderamata korporat) , Welcome to custom made your own design on the gifts. Example: non woven bags, tshirt, lanyard, keychain, etc...