2016年5月15日日曜日

続:犬たちのポーカーナイト

フックドラグ、或はラグフッキングの手法で、引き続き、犬たちがポーカーテーブルを囲む図を制作中。

で、いよいよ犬がようやく5匹登場。

*現時点での進行状況:右下にはお茶目な Heidi#2(既に他界)*

最終的には6匹になる予定。

デザインは作業を進めながら決めて行くやり方だから、最終的にどんな雰囲気に仕上がるか?私自身にも分からない。

*コリーの雑種 Angieは細かい事にはこだわらない大らかな性格*


*グレーハウンドの Prisは Kevaの相棒で大人しい性格*


*真面目な Kevaはポーカーでも真剣*


*まずは、うちの犬:Trixieからスタート*


生存する4匹の犬と既に他界してしまった2匹の犬たち。

それぞれに、彼女たちの性格を反映させてデザインにしたいんだけど。

この世にはもういない2匹の犬たちを登場させてるけれど、彼女たちを天使として描くかどうか?(天使の輪と羽根を加える、とか)迷い中。

いずれにしろ、随時、デザインを追加しつつの作業なので、水で消せるインクのペンは簡単な下書きを加えるのにとても便利。←最近になって初めて使ってみた!

以前は油性のマジックペンでいきなりの下絵描きで、だから時々「ちょっと違うな〜」って変更するのが大変だった。

犬たちを全員フッキングし終わったら、次は背景の作業で、室内の内装デザインを決めて行くのは楽しみ〜。

壁の色とか、壁にはどんな絵を飾ろうか、シャンデリアを下げようか、とか。

自分はやっぱり内装のデザインとか「お絵かき」とかの作業が本当に大好きなんだなぁ〜ってのを実感しながら、あとは今回、初めて犬というテーマをフッキングしてみて、それがとても楽しくフッキング出来る題材だってのが新発見で。

猫は幾つかフッキングしたことがあったけれど、犬は何故か自分の中で「準備中」な心境で、「素材として温めていた」って部分があるので、文字通り満を持しての取り組みって感じかな、大袈裟に言うと。






2 件のコメント:

keiko ミランダ さんのコメント...

何だか 笑ってしまいました(*^▽^*)
彼らの楽し気なポーカー姿 リアルに感じて
まゆみさん 素敵です

Mayumi さんのコメント...

keiko ミランダさん♪

おぉ〜、笑って頂けて嬉しいです。(笑
実際に身近にいたり、いた(過去形)犬たちがモデルですので、自然に愛着がデザインに反映されてるのかな〜なんて思います。
シリアスな描写でなく、コミカルなイラスト風になってしまうのも、私の定番で。
いずれ、写実的な作品での犬も描いてみたいとは思うのですが。どうかなぁ〜。