2017年11月12日日曜日

冬時間+11月初旬

先週の日曜日に夏時間が終わり、時計の針を1時間戻した。

ちょっと早めに目覚めた日曜の朝に、実はまだ「あと1時間眠れるのよ」みたいなのは何だかちょっとだけ得した気分で嬉しい♪

これでまた「夜明け」の自然な明るさで目覚めることが出来るのも嬉しい。

何しろ最近は朝7時になっても辺りは真っ暗で、寝室の電気を点けずに箪笥の引き出しからシャワーの後に着るための下着を選び出すのが困難になってた。

それでなくても私の引き出しの中は黒い色の衣類ばかりなので見分けが容易でないのに。

あとは、ミネアポリス市街のカレッジに通う Erikaが、木曜の午前中に早く始まる授業があるので、その日は早い時間の市バスに乗るため家を朝7時に出るのだけど、まだ夜が明けない真っ暗闇の通りへ向かって歩いて行く彼女の後ろ姿を見送るのは、何だか不安で心細いような気がしてた。

夏時間が終了したお陰で、今朝はすっかり明るくなった通りに見送ることが出来て良かった。(と、ここまで書いたのが既に数日前)

まぁそれと同時に日が暮れる時間も早まるので、夕方の早い時間にとっぷりと日が暮れてしまい、暗くなってからの時間に外出する用事があるともう、寒いし暗いし気が重く、出掛けるのが本当に憂鬱な季節の到来って感じ。

やっぱり私は夏の方がいいなぁ〜。

などと言っても仕方ないので、何とか気持ちを切り替え、これから暫くの間での季節ならではの楽しみにどっぷりと浸る覚悟ではあるんだけど。

手始めにスパイスの利いた林檎のジュースを温めて飲んだり、クラムチャウダーはじめ各種のスープを頻繁に味わったり、紅茶も美味しい季節ね〜♪とか言って、やっぱり楽しみは美味しいものからスタートが手っ取り早く。

あとはセーターやカーディガンやスカーフのお洒落も楽しい季節。

手仕事のプロジェクトとしては、季節に関係なく通年でウールを扱い編物も継続してるけれど、それでもやっぱりこれからの季節での編物は何だかしっくり来る気がするし、だから毛糸やウール素材を使った作業に費やす時間の比重も更に増えるかも。

まずは「クレージー・カーディガン」の第二弾として。

日本製の毛糸で北米でも人気の高い『NORO』のシリーズで "Kureyon/くれよん"はウール100%で手触りが柔らかく、発色の良い色が混じり合った毛糸で、いつかこの毛糸を使って何かしら身に纏(まと)うものを作って見たい欲求が、頭の中で沸々と大きく膨らんでた。

地元の毛糸店を廻ったけれど何処も在庫が無いらしく、仕方ないのでネット検索したら全色が18種類あったので、全ての色を一つずつ18個、嬉々として注文。

届いてみると余りにも綺麗で嬉しくて、だから花束みたいに配して暫くの間うっとりと眺めてた。

*国内から17個が届き、何故か1個は遅れて英国から配達された*


編物の問題は「中毒性」があるって事かと思う。

ひとたび編み始めると「あと一段」「あと一段だけ」と心の中で呟きながら、なかなか手を止める事が出来ずに延々と編み続けてしまう。

だから他の事がなかなか出来なかったり、中途半端になってしまったり。

いつもの事ながら、他にも試作したいデザインのアイデアとか、試したい素材の山とか、仕上げるべきプロジェクトが目白押しに頭の中で爆発しそうになってる。

Textile Centerは常設のギフトショップに加え、ギャラリーの部分を全面開放して大規模にクリスマスをテーマにしたホリデー・ストアを展開してるので、そのスペースに展示/販売する為のクリスマス作品を数点仕上げて届けたの同時に、売れ残った分のハロウィンの商品を引き取って来たり。

*ニードル・フェルティングの手法で作った
「シュガー・クッキー」風のサンタの顔のオーナメント*




*クリスマスのガーランド*
(グレーの「紐」の部分は編物用に市販されてる極太の毛糸で
直径が1 〜 1.5 cm 以上あると思われる太さ)


作った作品を販売することは私にとって未だ目新しい体験でもあり、色んな分野での試行錯誤の段階で、実験的だったり、法的な問題の解決が必要だったり、関わる人々とのコミュニケーションの中での葛藤や誤解があって、その解決が必要だったり、何かと神経を擦り減らしたり、落胆したり、憤慨したり、忙しい。

代償として、その後には大抵の場合、嬉しい事があったり、充足感に満たされたり、自己満足感に浸れて幸せだったりもするんだけど。

気分が高揚したり下がったり、ハッピーだったり悲しかったり、本当に忙しいんだけど、それがきっと生きてるって事であり、生涯がずっと学びの連続であるって事なんだろうと解釈してる。

実感させられるのは、色んな局面に置いて扉は一つだけではないって事で、当てにしてた扉が閉じてしまうような場合でも、別の扉がいずれ開いてくれるってこと。

日本語で言うところの、まさに「捨てる神あれば拾う神あり」そのものですな。

まぁそんなこんなでの日々に追われながら、時に Erikaと母娘ならではの?激しい口論になるような日もあったり、かと思えば、Kaitoと外出した後に帰宅すると、家中にキッチンから大音量での音楽が響き渡ってて何事かと行って見ると、Erikaがゴム手袋して曲に合わせて鼻唄を歌いながら洗い物や台所周りの掃除をしてくれてたり、そんな感じ。

興味深いのは、Erikaが大音量で掛けてるような曲が何故か割りといつも80年代のヒット曲集ってことで、つまり懐メロなんだけど、私にとってのまさに「青春のメロディ」ばかりってこと。

『Spandau Ballet』に、『Human League』、『A-ha』や『The Cure』『 Tears for Fears』なんかで、たまたま私が帰宅した時には『Simple Minds』の♪Don't You (Forget about Me)♪だったものだから、つい反応してしまって、即座に荷物を放り出すと Erikaと一緒にハモりながら踊るって感じの盛り上がり。

世代を越えて愛される音楽の威力って凄いと思う。

特にあの頃はインパクトの強い楽曲が沢山ヒットしてた黄金期だった。

まさか将来、自分の娘と同じ音楽を共有するとは夢にも思わなかったけど。

そしてカナダのは既に随分と前に終わってしまった感のある Thanksgiving/サンクスギビング、アメリカのは今月の23日(今頃?って感じ)と遅めにやって来る。

秋の収穫祭でもあるサンクスギビングに付きもののデザートと言えば、やっぱりパンプキン・パイかな?ってので、ピンクッションを作った。


あとは最近、自分の好きな題材でもある鳥を色んな手法で作ってる。

*樹の切り株のピンクッションと青い鳥たち*


写真に撮ると割りと早い時期にインスタにアップする事が多いので、ブログとは重複してしまうけれど。

とにかく先行き未定の米国暮らしでありつつ、私自身は依然として働けるヴィザが無いので就労することも叶わず、自分だけの車も無いから、毎日、家に居てキッチン・ドリンカーになったりドラッグに手を出したり、気が狂ったりしないよう、手芸に没頭するよう努めてる訳だけど。

正直、この先に何を求めてるのか?自分でも謎。

手芸家として作品展と販売を愉しむのか、もっと芸術的な、繊維の彫刻家とか、繊維の絵画とかの表現の道を極めるのか、果たしてどの道でどの辺りのゴールを目指したいのか模索中。

友人の母親は70代の後半に画家として著名になったエピソードなどを聞くと、私にもまだ十分な時間があるような気もするし。

でも、もう十分、自分の好きなように好きな事をして生きたような気もするし。

昨日、Erikaから徐に「どんな老人施設で余生を送りたい?」と訊かれて唖然とした。

たまたま一緒に老人施設内のギフトショップでヴォランティアをしてるから、ってなタイミングでもあったんだけど。

施設で多くのシニアやシニアのご家族や、看護師の人々と接する機会があり、体験談を耳にする度、色々と考えさせられるのは事実で、だから Erikaもふと気になったのかと思うんだけど。

日本人の私と、カナダ人の夫と子供たちと、米国で暮らす現状は良いとして、この国の政治や保険制度を考えると、将来的に長く暮らすのは難しい気もする。

日々、あれこれと考え思い悩む事は尽きないのだ。。。ふぅ〜。



2017年10月26日木曜日

モロッコな昼食

先週の土曜日は珍しく本格的に雨降りの一日で、どょ〜んと暗く。

玄関脇の窓から楽しみに観察を続けてた楓の紅葉も綺麗な最高潮に達した後は、てっぺんから葉を落として行き、見る見るうちにすっかりハゲ坊主。

*雨に湿って全体的に茶色っぽい風景に溜め息*


どんよりと暗い週末は家に籠って静かに好きなことをして過ごそう。。。

なんて思ってたら、Davidがいきなり「モロッコ料理が食べたい!」と言い出し。

何でも彼がいつも聴いていてポッドキャストのホストがリポートでモロッコへ行った際、現地で食べた料理がどれも美味しかったンだそうで。

それを聞いて、「そういえば、モロッコ料理って食べたことあったかな?」と思い、どうしても食べてみたくなったんだそうな。

検索したら、このエリアにも数店で専門のレストランがあるらしく。

翌、日曜日の昼食に出掛けることに。

取り敢えず選んだのは、気軽に行けそうなミネアポリスのミッドタウンにある店。

何度も通り掛ったことはあるけれど、建物を正面から見たことがなかったので、予想外に素晴らしいアールデコ風?な建築物に驚いた。


上階はアパートメントになってるらしいんだけど、このビルの一角に集合レストランやブティックが入っていて、とっても雑多で異国的な『Global Market/グローバル・マーケット』は何だかとってもエキゾチックな雰囲気。


私たちは日曜日、ランチの早い時間に行ったので混雑前だったし、開店してない店もあって割りと静かな感じではあったけれど、異国情緒たっぷりに国際色豊かなレストランが幾つも入ってフードコート状になってる空間は、映画『Blade Runner/ブレード・ランナー』の中でハリソン・フォードが「ヌードル」と「何か」を4つ注文して、屋台のオジさんに「2つで十分ですよぉ〜、解って下さいよぉ〜。」と言われる、混沌とした街の様子を彷彿するような。

*割りとひっそりとしてたモロッコ料理のブース*


Davidは骨付きラム肉の "Tagines/タジーン"なるものを注文。


クスクスの上に乗ったラム肉はじっくりと調理されて柔らかかった。

多少臭み(ラム肉特有の)があるので、私は味見させて貰う程度で十分だけど。

なので私の選択は「海老のタジーン」。


初めて注文する料理なので、一体どんなものを期待すればいいのか?ちょっとしたワクワク感を伴う不安もあったけれど、カラフルに絵付けされた大皿の上には色んな具材がたっぷりと乗っていて、最後に廻しかけてくれた熱々のスープ状のものが湯気を立てて美味しそうだった。

たっぷりの温野菜と、かと思えば冷たい野菜もあり、何だかその温度差を一緒に味わうのが面白い気がした。

ひよこ豆や、大好きなオリーヴもたっぷり。

私たちが食べていると、店の前に列が出来始めてた。

「ねぇ、モロッコに行って見たいと思う?」と Davidに訊いたら、「うーん、どうかなぁ〜」ってな返事で、それは私も同様。

余り冒険心があるとは言えない二人なので、多分、無難に近代化された都市にしか出掛けることは無いかと思われる。

なので、どんなにモロッコ料理が美味しくても、モロッコまで実際に出掛けて行って現地で本格的なモロッコ料理を食する可能性は激しく低い。

だからこそ余計に、こうして家の近くに居ながらにして、遠い異国のエキゾチックな味を試してみる事が出来る環境と状況を有り難いと思う。



ランチの後は別行動で、Davidは車に積んで来た自転車でサイクリングに出掛け、私はマーケット内をぶらぶらと散策して、特にこれと言って欲しいものも見つからず(←珍しい!)結局、何も買わずに車で帰宅。



2017年10月19日木曜日

最近の邦画+Bitmoji

昨日は Davidと家で日本の映画を DVDで観た。

『海よりもまだ深く』と言う邦題で、英語では『After the Storm』がタイトルの是枝裕和監督の作品が、地元の図書館で借りられるってことは多分、世界的にヒットして話題になった映画なんだろうなってのは容易に想像がつくけれど。

そう言えば、同様に Davidが借りて来て一緒に観た『Like Father, Like Son(そして父になる)』と『Our Little Sister(海街 diary)』も是枝監督の作品だった!ってのが判明。

道理で似通った俳優さんたちの顔触れな訳だわ♪と納得。

映画のタイトルも、過去にはハリウッド映画が日本で公開される際の邦題が原題と随分違って戸惑った経験が何度もあるけれど、今度は逆に日本の映画が英語圏では、これまた随分と違うものになっていて興味深い。

違う言語間で、翻訳することの難しさを痛感させられる。

とにかく樹木希林さんとか小林聡美さんとかの女優さんが懐かしく。

主演の阿部寛さんを見た Davidが「この人は余り日本人っぽくないね」と言ったのが印象的だったけど、確かに長身で顔のつくりが濃いかも。

話の流れとして、特に起承転結がはっきりとしない、納得の行く結末に辿り着かない映画は、達成感が感じられない分、何だかだらだらと見るだけの時間を無駄にした気分が好きではないのだけど、不思議と是枝監督の作品は、特に何処へ辿り着くという訳でないにも拘わらず、描かれた平凡な日常が余りにもリアルで身近に感じられて、だからつい簡単に入り込んでしまえる分、飽きずに面白可笑しく疑似体験が楽しめるのかも?なんて思ったり。




夜遅くなって出掛けた Erikaの帰宅よりも前に眠くなってしまい、、、(以前は心配で何時でも彼女が帰るのを待ったものだったけれど、、、と言うか、以前はちゃんと門限があったし、、、18歳になって高校を卒業するとアメリカでは「成人扱い」なので、現在は基本的に門限の設定がなく本人の判断と責任に委ねてある状態)寝ることにしたのでテキスト・メッセージを送信。

*例のBitmojiで「おやすみぃ〜♪」と*


でもって、
Erikaからの返信も同様にBitmojiで
「ぐっすり寝るのよ〜♪」ってのにプッとウケた。


なんだかまるで母娘の関係が逆転してるような。






少し前、車で彼女をヴォランティア先に迎えに行った際には


「慌てなくていいからね〜♪」とメッセージの私に




「直ぐ行くわ〜♪」ってのが面白かったり。




何だか疲れて死にそうになってるのも大袈裟でウケる。


何と言っても本人の雰囲気が出てるから笑える。。。




そんなこんなで明日はもう金曜日♪












2017年10月17日火曜日

紅葉観察とハロウィン準備

9月の初め、今年も玄関脇の窓から見える楓の樹が綺麗に紅葉を始めた。


日に日に変化する色の濃さが綺麗なので観察して見ることに。


*映画『The Mist』を連想させるような濃い霧の朝の紅葉*



*まさに燃えるような色合いの紅葉*


*朝陽に映えて今がピークな印象*




そうこうしてるうちにも10月も半ばに。

なので、まずは毎年恒例の窓掃除から。

外からは Kaitoに洗ってもらい、


私は窓の内側磨きを担当。

その後は


テキトーに切って黒い水性絵の具で塗った「影」を窓に貼り付け作業。


安上がりのデコレーションにしては割りと効果的。


特に夜は白いブラインドを下ろして電気を点けると

窓全体にシルエットが浮かび上がるから。




そして今季は、等身大の魔女の髪型に手を加えて修正し、


顔もちょっとだけ「整形手術」よろしく

唇のカタチを魅力的にしたり、

顎も魔女らしく変えてみた。うひっ。



あとはハロウィン当日に備えお菓子の買出しに行かないと。

さて、今年はどれくらいの数の子供たちがやって来るのか?

そして私は何の仮装をしようかな?

もういい加減、なんでもいいんだけど。

と手抜きな傾向に加速気味。




Duluth 日曜日で完結

ブログで Duluthの旅を完結してなかったのを思い出した。


大それた事でもないので、どうでもいいのではあるけれど備忘録として。

*その昔、子供の頃に好きだったお菓子「コロン」を思い出す。
それにしても日本のお菓子のネーミングは安直で解り易い*


土曜日、Davidとランチをして別れた後も、気ままに旧道のハイウェイを単独で走りつつ、カメラに収めたい風景に出くわすと車を停めて写真を撮ったり。

*往き交う車がほとんどない旧ハイウェイ*



待ち合わせのモーテルには Davidよりも先に到着しチェックイン。

Duluthから自宅への距離のちょうど真ん中辺りに位置するHinckley/ヒンクリーと言う名の小さな町の小さなモーテルは古くてボロくて一瞬、唖然としたケド。


駐車場に面した地上階で室内も広いお陰で、自転車でのアクセスも良く、盗難予防の鍵掛けに苦心する必要なく丸ごとすっかり部屋に納まったのは利点。

夕食はモーテルの敷地に隣接する地元のレストランで簡単に済ませた。

多分、最初で最後に行く店かも知れないけれど、地元感がいっぱいに漂う雰囲気がレトロな魅力で、料理も同様に美味しく楽しめた。

翌、日曜日の朝のブランチは、下調べで楽しみにしていた地元で人気らしいドライブイン風のベーカリー・レストラン『Tobies/トビーズ』へ。


私は何処へ行ってもお約束で、取り敢えずお試しのエッグズ・ベネディクトを注文。

ソースが割りと白っぽい色で、味も淡白な感じに美味しかった。



旅の途中のお土産は、馴染みのないホームセンターで買ったTシャツ。


大好きなゴッホのスターリー・ナイトと、何と大胆にもバットマンとのコラボ。

ひぇ〜っと即買い。

このデザインで(ラグ)フッキングしたいくらい。



Tobiesでは、看板商品の柔らかくて大きなシナモンロールを半ダースお買い上げ。

Davidは再び自転車で帰路に就き、私は車を運転して高速道路を1時間半程度の道のりを走って、ひと足早く家に帰り Davidの帰還を待った。

Davidも午後3時前には無事に帰宅し、週末での Duluth旅行を終了。チャンチャン♪


ドタキャン火曜日

今日は火曜日で、本来ならばラグ・フッキングのグループに参加する予定だったけれど、何となく気分的に Textile Centerの方に顔を出したい気がして。

隔週で参加してる2つのグループは随分とその特徴が異なるので。

出掛ける準備をしたものの、間際になって気が変わった。

ここ数日、気分が滅入っていて、その延長で今日もやっぱり家に蘢ることに決定。

こんな時こそ外に出て仲間と交流したり、不特定多数の人々とのやり取りで刺激を受けたりエネルギーを貰ったりする事も大切だとは思うのだけど。

まぁ色んな日があるわよね、生きてると。

Kaitoには「それってミッドライフ・クライシスじゃない!?」って言われた昨日。

20歳の息子と珍しく長い時間で会話して、不思議な気がした。

普段は折り入って話し合うような事もないし、私は余り典型的に素晴らしく理想的な母親と言う訳でもないので、子供たちの関わりも世間一般と違うかも知れず。

成長の過程で、既にもう子供でもなく、かといって完全に自立してる訳でもないから社会人としての大人でもない「成人」した息子と、あとは高校を卒業した18歳の娘と、4人家族としての共同生活の形態は昔とは違って、同居人としてのお互いの立場や役割りも変化してる。

ただ、その変化の現実に自分の意識が追いついて行かない部分があって、時折、随分と大人びた子供たちに面喰らって「あんた誰!?」みたいな衝撃だったり。

私は母親業を上手くやりこなしたとは思ってないけれど、それでも子供たちはいつの間にか無事に成長を遂げていて驚き。

親子の関係って、本当に少しずつ変化するものなんだってのを実感。

いつの間にか同じ目線でものを見るようになってた。

なんてこったい。

しっかり歳をとる訳だよなぁ〜自分。

遠い将来、子供たちにおむつを替えて貰うことだけは拒否したいと思うケド。





この間のイベントで販売する為の名札を複数作ってる作業中、ふと、その光景に目が留って、可笑しくて笑ってしまった。

*沢山の "HELL"に気付いてプッ!となった*


イベントに参加する際、会場の受付で手渡される自己紹介用のステッカーを元にデザインしたフェルトのバッヂで、"HELLO"ってのを作る過程。

"HELL""HELL""HELL"...って、まるで「地獄に墜ちろ!」の呪いみたいな。

そして頭の中では "Hello..."と来るともう連鎖的に浮かんで来るのが "My name is"で、その後に来るのは自然と "Inigo Montoya"な訳で、"You killed my father, prepare to die!"となってしまうのにはいつも失笑してしまう。

映画に由来する台詞って脳裏に焼き付けられるものらしい。

でもって、映画関連で話が逸れると、、、

『The Princess Bride』でお姫様役を演じてた Robin Wrightは最近、話題の映画に出演して、その昔のお姫様とは随分と極端に違う役を演じてる。

『Blade Runner 2049』を日曜日に Davidと Kaitoと3人で劇場へ観に行って、ドルビー効果の座席はまるでマッサージ椅子に座ってるみたいだった印象。

そして件の Robin Wrightがここにも出演してた。

『Wonder Woman』の中での "Antiope"役と同様の路線で強いオンナ。

映画を観ながらふと思ったのは、「なんか私ってば両手に花でラッキーじゃん!?」って事で、夫と息子に挟まれて3人で同じ映画を一緒に楽しめるなんて、かなり幸せな事なのかも?なんて改めて思っちった。




自己紹介用のハロー・スティッカー・バッヂに話を戻し。

バッヂと合わせて使えるピン/ブローチとして色んな顔も作った。

*ランダムな顔をニードル・フェルティングと刺繍で*




フッキングのイベントで販売する予定だったから、自己紹介欄には予め冗談っぽく
「はい、私もフッカーですよん♪」
(英語で "Hooker"は娼婦の意味もアリ、微妙な冗談だったりする)
みたいなノリで刺繍を施し。

プロトタイプの自分用には、会場で見本として着用するつもりで自分の名前も刺繍して仕上げた。


私のキャラクターには、勿論、"Red Devil"の角付きなのは、Erikaのせい。

彼女にとっての母親像の私には、いつも赤い角がもれなく付いて来る。

最近、彼女が私用に作ってくれた携帯電話用のキャラクターにも勿論。



状況に応じて使えるイメージが沢山あってどれも面白いの。

Erikaが友達と出掛けるから「晩ご飯はいらない」のメッセージには↓こんなのも。

*いかにもガッカリ〜ってな風を強調♪*


とにかく、大量に手早く作る技として、裏に粘着剤が付いたスティッカー式のフェルトを使ってもみたのだけど、余りにもベタベタとし過ぎて小さなパーツを切り貼りするには向いてないと言う結論。

結局は普通のフェルトを用いて小さく切ってシンプルな縫い付け作業で仕上げ。

イベントでは多くのラグ・フッカーさん達にウケ、特に Textile Center仲間の数人も気に入って購入してくれたのは予想外で、ちょっとした感激だった。

仲間のサポート(応援)を受けられるって、有り難いこと。







2017年10月10日火曜日

秋の細道、、、ん?

昨日は、ミネソタに暮らして初めて "Minnehaha Falls"(ミネハハ滝)に行った。


この辺りでは割りと有名な観光スポットの一つらしいんだけど。


普段、月曜日は私にとって洗濯日であって掃除日でもあるんだけど。

Davidが不在の1週間で車を自由に使えることもあり、たまたま女友達 Avivaに誘われから昼食を兼ねて紅葉を愉しむ散策に出掛けた。

*川に落ちないよう注意深く歩いて疲れた細い道*


川べりの細い道を歩いてミシシッピ川までの往復は2kmくらいの距離?


川を流れる水の音を聞きながら樹々の下を散歩。


独りで歩くには寂しそうな場所も女二人でお喋りしつつ歩くのは楽しい。


秋の色合いがとっても綺麗で。


苔の緑色が対照的に。


昼食は園内のパビリオン一角に入って季節限定で営業して人気らしいシーフードのファストフード店『Sea Salt』にて。
 
週末には長蛇の列が出来るそうな。

メニューに見つけて即座に選んだ「カキフライ」は持ち帰り用で。

クラブケーキ・サンドウィッチと蟹のチャウダー・スープをランチに。

家に持ち帰ったカキフライは、今夜、カキフライ定食として頂きました♪

一緒に付いて来たのはタルタルソースとカクテルソース(トマトベース)だけど、日本人の私にとってのカキフライはやっぱり、ブルドッグとかカゴメとかが作ってる茶色のとんかつソース系(ウスターソース)がぴったり来る。

久々の味噌汁と一緒に。。。

コールスロー・サラダ(←これも一緒に付いて来た)は、定食的にはまさにキャベツの千切りサラダそのものな感じの付け合わせで。

俗に言う"comfort food"というか、懐かしの味に満足♪