2016年9月25日日曜日

Painting with Yarn: Purple Haze

家の近くで "Meetup"の編物グループ集会があるのを知って、どんなもんだか試しに覗いてみたいような衝動に駆られ、近所のショッピングモールに入っている大型書店(店舗内にスターバックス完備)で夕方7時から夜の10時頃までってことだったので、早めの夕食を済ませて出掛けて見た。

夏場で天気が良ければ歩いて行ける距離なんだけど、夜間で、しかも雷を伴う雨模様だったから車で。

ウェブサイトで見た感じでは、誰でも気軽に参加出来るって感じの会で、メンバー数は結構ありそうでも、実際に出席してるのは3〜5人くらいって印象だった。

だからちょっと静かに珈琲でも飲みながらお喋りしつつ、編物とかかぎ針編みとかの手をせっせと動かすって感じなのかな〜なんて思ったんだけど。

興味津々、その場に行って見ると、何だか思ったよりも大人数で幾つかのテーブルを寄せ集めて、各々が編物をしつつお喋りに花を咲かせ、時折どっと笑い声が響き渡ってる感じに、部外者の私は怖じ気づいてしまった。

友達に連れられて初参加、って訳でもなく、見ず知らずの人達が集まったグループにいきなり単身で参戦するのには割りと勇気が要る。

それで何となく決心が付かないまま、ショッピングモール内の別の店をうろうろと覗いて見たり、遠巻きにグループの様子を(怪しい人みたいに)観察してみたり。

20人弱の老若男女(正確には男性が一人だけ)が、それぞれ色んな色の毛糸を持ち寄って、楽しそうにせっせと編物をしてる図。

やっぱり家に帰ろう、、、とも思ったけど、でもせっかくだから声を掛けてみた。

結果として、毎週水曜の夜に同じ場所で開催されるから誰でも歓迎♪ってのを確認して、感じの良い数人の女性たちと他愛のない話をして帰って来たんだけど。

ヴィッキーさんはかぎ針編みでスカーフを編みながら

「私も最初にこのグループに参加した時、すっごく怖くて勇気が要ったわ」

と言うので親近感を抱いた。

グループの人々は「フレンドリー」ではあるんだけど、でも余り他の人には構わないって感じの雰囲気で、たまたま近くの椅子に座ればお喋りするけど全体での会話をするって訳でもなく、"Show+Tell"をするって雰囲気でもなく、とてもあっさりしてると言うか、好きな時に来て好きな時に帰って行って、、、とそんな感じ。

正直、期待してたのとはちょっと違うかも。

私は「構ってちゃん♪」なんだな〜を再認識したんだけど、初めて参加する会にはもっとアクティブに歓迎して欲しいし、積極的な交流をしたい欲求がある。

そうじゃなければ、家に籠って独りで気ままに編物してた方がラクだし。

他の人達が、わざわざ敢えてその集会に出掛けて編物する目的や動機が不明。

勿論それぞれの理由や状況があるとは思うけれど。

最終的に私が一番会話したのはメーガンさんと言う若い女性で、2週間後、婚約者の待つ英国へ引っ越して行く予定だそう。

彼女は以前、ニュージーランドに暮らした事もあり、その時の逸話が興味深かった。

英語と言う同じ言葉を話す国同士ではあっても、気候風土や文化の違いは大きく、土地に馴染むのに苦労したんだそうで、特に人々の感情表現などの違いは顕著らしく。

私がこの席で感じたのは、異国で暮らした経験のある人には、好奇心旺盛な人が多く、未知のものや新しい人たちに対しても心を開き易い傾向があるかもって事。

集団の人々の中に入って行くと、その傾向を感じる場面は少なくない。

極端な例が、私にとってはやっぱり『Textile Center』でのグループなんだろうな。

国際感覚と言うか、広い視野と言うか、冒険心とか社交性とか。

ニューヨークを例に多民族多文化が入り交じった大都市に暮らした経験のある人が多いテキスタイル・センターのメンバー達は、他の国々に住んだり旅したりの経験も豊富で、だから人間味に溢れてるし、私のこともいい感じに構ってくれる。

まぁ全ての事を一度の参加だけで評価することは出来ないとも思うんだけど。

でも、編物の会はうーん、どうかなぁ〜。

気が向けばまた行って見る可能性はあるかも知れない。

人との出逢いは、自分から外に出掛けて行かないと起こらないから。

あ、余談でギフトショップのヴォランティアでは新しい友達に出逢った。

フランさんと言う知的で小柄な女性で、シニア施設内に在住してるんだけど、ギフトショップでのヴォランティアを週に一度することになったと言うので、ちょっとしたトレーニングを兼ねて、私と一緒に金曜日の午前、働いたんだけど。

遠慮がちに年齢を訊いたら、82歳、、、ってので感心してしまった。

いずれにしろ、私の「お友達」は皆、年季の入った女性たちばかりで素晴らしい。


私の最新作は "Painting with Wool"、又は "Painting with Yarn"で秋の風景。


Title : Purple Haze

*Freeform Crochet on the wire structure.  14" x 14"*


かぎ針編みで描いた絵は 14" x 14"のサイズ。

『Michaels』でクリアランスになってた毛糸が、「羊」を表現するのにピッタリな気がして機会を待ってた。

棒で編んで大きめの羊も作ってみる予定。



売れ残りトリオ

前回のブログにアップした『Target』の秋の動物たちの商品。

写真を見れば見る程やっぱり可愛く思えて、特に口髭を生やしたムッシューで髭男爵風の小鳥の存在感は捨て難く、「どうして買わなかったんだ、自分?」みたいにも思えたので、金曜日にヴォランティアのシフトが終わった後、再びいそいそとターゲットに寄ってみた。


因に、ポケモンボールだった車止め的な球状のコンクリートは、既に再び新鮮な赤色の塗料が塗られた模様で、いつも通りのターゲットのトレードマークの「赤いボール」に戻ってた。


お目当てのホームデコレーションのコーナーに行ったら、可愛い小鳥たちの棚はすっかり綺麗に空っぽになっていて唖然とした。

小鳥だけでなく、私が目を付けていたキツネやアライグマのぬいぐるみの他、可愛いハロウィンのぬいぐるみの一部も売り切れてた。

辛うじて、空っぽの棚に何故か一つだけ残ってた(髭の無い)小鳥と、同様に何故かポツンと一つだけ寂し気に取り残された感のあるキツネを、あたかも私がやって来るのを待っていてくれたかのような独りよがりな錯覚ならではの愛着を抱きながら、「待たせてゴメン。一緒に家に帰ろうね」みたいな台詞を心の中で呟きながらショッピング・カートに入れた。

が、しかし。

こうなると急に俄然、どうしてもあの髭の小鳥をゲットしたい欲求がメラメラ。

いやはや。

まさしく私のいつもの定番なパターンなんだけど。

買い損ねた物は、以前にも増して更に一層、素敵だったように思える不思議。

可愛いとは思ったけれど、まさかこれほど早くに売り切れてしまうとは思わなかったから、買い損ねてしまう可能性なんて考えても見なかった。

それで思い出したんだけど。

少し前に新聞の記事で読んだのだけれど、すっかり忘れていた。

ターゲットが北欧フィンランドの人気アパレル・ブランドのマリメッコと提携して売り出した限定商品は、店頭に並んだと同時に売り切れてしまうんだそうで。

理由は、ターゲットで大量買いの顧客たちが、買い占めた商品に利益分を上乗せして、 eBayなどで転売するんだそうで。

へぇ〜、なるほど、そんなビジネスもあるんだ、、、なんて。

記事を読んだ際には感心させられたんだけど。

果たして、小鳥やぬいぐるみたちが転売ビジネスの対象となるのかどうか素人で凡人の私には見当も付かないけれど。

でも、単価が安過ぎるから多分、違うだろうと思う。

だって一つが5ドルとか6ドルとかだから。

単純に可愛さと値段の安さで売り切れたんだろうと想像する。

とにかく。

売り切れたと思うと益々欲しくなり、幻の「髭男爵の小鳥」を求めて、別のターゲットへと足を伸ばしてみる、ちょっとアホらし〜ってな感じのワタシ。

そして別のターゲットでも、棚は空っぽだった。。。ガァ〜ン。

凄いなぁ、ターゲット。

ちょっと甘く見ていたよ、と妙な反省。

ま、仕方ないね。

潔く諦めた私の視線の中に飛び込んで来たのは、出口近くのクリアランスのコーナーの棚の上に乱雑に並べられた雑多な商品の中に紛れて「何でこんなところに?」みたいに引っ繰り返ってる(髭男爵ではないけれど!)一つの小鳥だった。

まぁ〜!何故こんなところに放置されてるのっ!?と感動の出逢い。

なのですかさず購入。

そんなこんなで何とか私の手元にやって来ることになった運命の3体。




「奇跡の売れ残りトリオ」なだけに愛着も倍増な勢い♪



2016年9月21日水曜日

黄昏な自分と秋の商品

今日はすい、水、水曜日で「水」の曜日なだけに朝から雨。

天気予報を見たら、向こう一週間で毎日「雨マーク」が出てる。

秋雨の時期がやって来たって感じ?


私は最近、加齢の所為と、あとは余り脳ミソに刺激のある生活をしてないって事もあり、ちょっと頭がボケてるって感じの傾向で怖い。

『Trader Joe's』に寄るつもりで買物リストを書き出したのに、「あ”、リスト家に忘れて来た!」と車の中で気付いたり、でも実は忘れたと思ってたリストがしっかりいつの間にか自分の財布の中に入ってたり。

多分「自動運転」で無意識のうちに自分で財布に入れて出掛けたのに、忘れたと思い込んでたから結局リストを見ずに買物して、家に帰って買い忘れの商品が一つか二つあることに気付いて「ダメじゃん〜」とがっかりした矢先に、財布に入ってるリストを見つけて更に「ダメ駄目じゃん〜〜〜」と二重に落ち込んだり。

なにをやってるんだっ、自分!と呆れつつ。。。


Trader Joe'sで買物してたら偶然ラグ・フッキング仲間のキャロルさんと出くわし。

実は彼女とは色んなところで出くわすので、行動半径が重なってるっぽい。

二人でショッピング・カートを押しながら、互いのカートを覗き込みつつ

「あれ、ソレってなぁに?」とか

「ソレ、美味しいの?」「どうやって食べるの?」「好きなの?」

みたいな感じで

「これは美味しいからおススメよ!」

と、情報交換みたいなおススメ合戦みたいな楽しい買物のひと時だった。


ここでもスパイスの利いたアップル・サイダーだとかパンプキン関連の季節商品が目白押しで、あぁ〜やっぱり夏の終わりなんだわってのを実感させられて。

夏の終わりは淋しいけれど、秋の美味しい味覚いっぱいなのは嬉しくもあり、複雑。

裏庭で緑に茂った芝生の上に、はらはらと黄色い落ち葉がまばらに散ってる。

忙しそうに走り回るリスの姿と共に、やっぱり季節の変わり目の風物詩。


私はこの土地に越して来て3年目の倦怠期を迎えてるのかどうか、ちょっと精神面での変化と言うか、自分の日常に対する転換期みたいな気がしてる。

新しい土地で最初の一年近くくらいは社交的な待機中というか、取り敢えず自分が環境に馴染むことが最大の課題だった気がするんだけど、自分にとっての地盤が出来た後は、活動的に外に出て行って沢山の人達に出逢う機会を貪欲に作って行ったんだけど、ここに来てちょっと、そんな自分にも疲れて来てしまった感じで。

まぁ周期的なこともあるかと思う。

あとは取り敢えず今の時点では、やるだけやった、みたいな達成感もあったり。

現実として、私と同年代の女性と出逢う機会は少なく、現時点ではヴィザの関係で仕事に出ることが許されないから自宅待機みたいなものだし、おまけに毎日自由に使える車がある訳でもないから、やっぱり今は自宅待機なんだわ、ってな結論で。

これから寒くなる季節を迎えて、家に籠って出来ることと言えば、何かしら勉学に励むとか引き続きの手仕事に没頭してみる、とかが中心かな。

だからちょっと、自分なりに家で出来ることに専念してみようと思う。


先日は『Target』の季節商品のコーナーに並んでるアイテムにほっこり♪

*なんですか、このカワイさはっ!?*


余りターゲットで雑貨やデコレーションを買う機会は無いンだけど。


*アライグマ?*


デザインが洗練されてて、手作り感のある商品が安く売られていて驚き。


あとは勿論、ハロウィンのアイテムも。

どれも可愛いデザインで愛嬌があって、でも見た目が安っぽい感じでもなく。


やるじゃんターゲット♪ってな感じに私にとっての新たな発見でもあった。







2016年9月18日日曜日

雷雨の後の夕焼け


三日前の夕焼け。

夕方の雷雨で雨が上がった直後の夕焼けだったからなのかどうか

空がすっごく綺麗な色に染まって溜め息ものだった。







*玄関ポーチから臨む西の空*


やっぱり自然が創り出す色の世界はとんでもなく素晴らしいな〜と。

ブログに書きたいくらい感動した。


そしてまたまた染色をしてみたいような感覚にも襲われるんだけど。

でも既に綺麗なウールに染めてくれる人を大勢知ってるし、
綺麗な色の毛糸を売ってるお店も沢山あるから、
私の出る幕ではないと自覚してる。

人生の時間は限られてるから、
自分が本当にやりたくて自分が一番上手に出来ると思うことに専念したい。

所謂「餅は餅屋」と言うやつよね、要するに。


今日は久し振りに暑くなるらしい予報。。。

最高気温が27℃だそうな。

因みに今朝は寒くて(14℃)そろそろセーターの季節かと思ったんだけど。






2016年9月17日土曜日

苔、キノコ、そして森の木の実

毛糸のコレクションは膨らむ一方ながら、再び迎えようとしている毛糸の季節。

買い置きの毛糸の中から古い順に何とかせねば!みたいな強迫観念に駆られ。

かなり以前にかってあった毛糸を引っ張り出して来ると、徐にかぎ針を片手に何も考えることなく取り敢えず鎖編みを始めてみる。

チクチク、チクチク。

って、鎖編みやかぎ針編みの音も「チクチク」って言うのかな?

たまたま糸の風合いがとても好きなタイプの縮れで、しかも緑色だったから、私の大好きな「苔」にも似た風合いが嬉しく、取り敢えず葉っぱみたいなカタチを鎖編みの途中に所々で編み加えて行き、「ラリエット」みたいにしあげようかと思ったんだけど、糸が "variegated"(一本の糸に複数の異なる色が順に現れる)にだったから、緑色が途中から青色になってしまい、うーん、ちょっとどうかなぁ〜なんて感じ。


まぁ予想外でランダムなデザインは私の傾向でもあるんだけど。

ラリエットのアイデアは横に置いといて、取り敢えず緑色の苔のような部分が気に入ったので、この可能性に集中してみることにして。

しっかりとしたボディ(土台)を加える為に銅製のチェーンを使って。

緑色の苔、、、なだけに、キノコのビーズを加えて、葉っぱや木の実もビーズで追加して遊びながらネックレスに仕上げてみた。



キノコの向きを変えてみたり、木の実の種類を変えてみたりで変化をつけながら幾つか作って見たんだけど、タイトルは「森の妖精のネックレス」かな。

そして夕方、玄関には定期購読している雑誌「マリー・クレール・イデー」が配達されてた。

楽しみにしげしげと表紙を見ながら、今回のは今ひとつ魅力に欠ける表紙だな、なんて心の中で自分自身につぶやきながら。


それでも、頁をめくって見るとビックリ!

たった今、私が浸っていた世界そのものの特集ページがまさかのように目の前にあったから。


ファッションやインテリアに「苔」を取り込んだデザインの特集で。

だから勿論、頁の写真には「苔」を中心に「キノコ」「木の実」があって。


まさに私が嬉々として扱っていたばかりのアイテム達の世界で、このタイミングに、「まさに今」な季節感とその訪れを再認識させられた。



2016年9月15日木曜日

紫陽花と薔薇

9月もいよいよ半ばになり、朝晩と昼間の気温差が大きくなって来た。

庭で咲き続けて来た紫陽花はずっと色味が増して濃い色になった。


この花が、数ある花々の中でも一番好きだな〜♪と思うんだけど、今シーズン私が買って植えた二株の紫陽花は、それぞれ別の場所に根付いてるんだけど、面白いくらいに色合いの混じりが複雑で、ピンクから青紫、そして黄緑がかった白まで、一つの株の中に混じり合って咲いてるのが本当に綺麗で、思わず溜め息が出てしまうほど。

花壇用の土に腐葉土を混ぜて、栄養剤も混ぜ込んで植えたから、酸度とアルカリ度が混じり合った土壌になってるのかどうか。


このまま切り取ってコサージュにしたいくらい。

ヴィクトリアンな雰囲気のアンティークな色調にさえ見える灰色がかった水色と、珊瑚みたいな色味の薄い紅色との信じられないような組み合わせとか。

自然が創り出す色彩に感嘆してしまう。

この再現を目指して染色に手を出してみようかとさえ思わされてしまう。

多分、やらないけど。

自分自身の中で一線を画してる分野があって、彫金と染色は線の向こう側にある。

これ以上、違う分野に手を出したら、人生が複雑になり過ぎてしまう気がして。

材料とか道具とか場所とかの諸々で、経済的、時間的、精神+肉体的に。


紫陽花の他には、これまた今シーズンに植えたツル薔薇がまだまだ元気に咲いてくれていて嬉しい。


*ガレージ脇の薔薇の奥手に咲くのは赤いカンナ*


随分とサボっていた庭仕事を久し振りに今朝した。

主に地べたを這っての草取りなんだけど、無心になって草を引き毟る作業はやっぱり私にとっての禅であり瞑想の時間だったりするんだと思う。

時にこういう時間が必要なんだな〜と。

とりあえず窓の外に見える範囲内では綺麗になったし、本来あるべき姿に手を掛けられた花壇の様子は清々しい。

美味しい珈琲をすすりながら花壇を見渡す幸せな時間。





2016年9月14日水曜日

パンプキンとポケモンボール


朝晩の気温が12〜13℃とかって、かなり肌寒いんですが。

大好きな夏が終わってしまうという季節の変わり目ならではの切なさなのか、それとも更年期のホルモンの仕業での寂しさなのか、理由は全く解らないのではあるけれど、何だかとっても訳も無く物悲しい気分で困ります。

新しい土地に住み慣れて3年目の倦怠期なのかどうか。

無性に人恋しいような。

仲間に囲まれているのにも拘わらず妙な孤独感に苛まれたり。

まぁジタバタしても解決にならないので取り敢えず掃除とか不要品の片付けとか。

そして合間には3つ目のカボチャを編み上げてみたり。

*3つ目は明るいオレンジ色でちょっと毛羽立った感じの糸*


買物で外に出たら出たで、店頭でも沢山のカボチャに出くわし。

食べ物のコーナーでは、この時期ならではの季節感一杯に "Pumpkin Spice/パンプキン・スパイス"味の美味しそうなお菓子もいっぱい♪季節限定発売だそうで。

*秋を感じさせるパンプキン・スパイス味が復活*


勿論、買って見るでしょう〜。

何しろ「新発売」ってのと同じくらい「季節限定」ってのにも弱いから。

これって果たして日本人の血ならではなのかどうか。

『Target』の建物の外に配された店のシンボル的な「赤い球のオブジェ」の幾つかが、ぬぁんと!ポケモンボール(?)になっててビックリした。。。

*店を出た後で気付いた、、、思わず2度見、そしてクスっと*