2016年4月16日土曜日

小さなフクロウのビーズ

カナダのケベック州に暮らしてた時に比べると、アメリカはもっと人口密度も高くて物流も充実してるし、お店や商品の選択肢も豊富だから嬉しい。

手芸の材料を例え Etsyで購入するにしても、多くの出店者がアメリカ在住だったりするから、送料も安く手元に届くまでの時間も短く便利だし。

素材については自分なりのこだわりがあって、ガラスのビーズなんかは中国製よりもチェコ製の方が品質的に優れてるような気がしてるので、手芸店の店頭で売られてる大抵の中国製の安価なビーズを買うことは滅多にないんだけど。

それでも店頭で実際に目にして、直接触ってみて、お金を払ってそのまま家に持ち帰れる魅力ってのも勿論あって。

だから時々、一応どんなのがあるか買うつもりが無くても眺めてみたり、、、してたら何となく気になる陶製の手描き風フクロウのビーズを発見。


一つ一つ微妙に顔の表情が違ったりする不揃いなところが魅力。

背の高さはほんの 1.5cm って感じのサイズ。

どんな作品に使おうか、あれやこれやと考えてるだけで楽しくなってしまう。




6 件のコメント:

keiko ミランダ さんのコメント...

小さなフクロウの整列 思わず かわいいー!! って声に出してしまいました

まゆみ さんのコメント...

可愛いフクロウたちですね~(*^-^*)眺めているだけで幸せな気分になるって感じで。

自分のお気に入りのものが手に取って感触を確かめ、しかも直ぐに持ち帰ることが出来るって最高ですね。

渡辺秀昭 さんのコメント...

16日(土)おいしい蕎麦を求めに、ワールドマーケットへ行きました。ブルーミントンのお店ですが。茶そばはありましたが、普通のそばは箱が空でしたので茶そば2袋を求めたところに、お店の人が来たので、普通のそばはと、訊ねたら、空のそばの箱の上の段から新しいのを出してくれました。買い占めず、半分の4袋求めました。ミネアポリスのお店でもお試しあれ。

Mayumi さんのコメント...

keiko ミランダさん♪

うふふ。嬉しいです。(笑
小さくてカワイイものって複数あると更にそのカワイさを増すって傾向はありますよね。

Mayumi さんのコメント...

まゆみさん♪

ほんと、素材って、眺めてるだけでも幸せな気分のこと多いですね。(笑

インターネットでの買物も、本当にお気楽で気軽なのですが、最大の難点はやっぱり何と言っても触ってみられないことかな、と。
触感とか、素材感、色合いも微妙に違ったりしますよね。
あとはそうそう、配達を待つ時間も。

Mayumi さんのコメント...

渡辺秀昭さん♪

おぉ! 気軽に「美味しいお蕎麦」と書いたのが急に不安になりました。(笑
ミネソタ在住で日本語で(このブログを)読んで下さってる方がいるかも知れない現実をついうっかりと忘れてしまいそうになったり。
何しろ、身近にまるで日本の方との接点が無いものですから。

オーストラリア製のあのお蕎麦、かなり人気があって売れてる印象です。
茶蕎麦の方はどうか?不明ですが。
とは言え、抹茶の北米での認知度は高そうですが。

七味と天かすと青ネギを常備して、美味しいざるそばを楽しみたい季節がやって来て嬉しい限りです。(笑