2016年4月15日金曜日

お菓子の木箱

引き続き暖かいミネソタ。


運動不足がちなので、今日、ようやくスイミングに行ったら早速、筋肉痛とか。

朝、車で出掛ける際も勢いよくクラッチを踏んだらピキーンと脚がつったし。

近視だった視力には最近、老眼も入って、遠くを見るのにコンタクトレンズを入れ、近くの細かい文字を見るのに老眼鏡を掛け、あたふたと煩わしいったら。

どんどんと歳を取って行く自分の現実を自覚することに未だ慣れず。

世間の人々は一体どうやって自分自身の加齢に向き合って受け入れてるんだろう。

幸い、私の身近にいる「仲間」のほとんどは私よりも年上の人ばかりで、皆さん本当にはつらつと元気に人生を楽しまれてる様子なのには励まされる。

それでも「一体どうやって?」の部分は謎のままではあるけれど。

人によって生活習慣とか生き方とかかなり違うので、一概には把握できないし。


そんなあれやこれやをうだうだと考えてる合間に、確定申告を無事に終了。

カナダとケベック州の申告に比べると、アメリカもミネソタも単純明快な気がする。

それは税金の申告だけでなく、多岐に渡って言える事だと思うけれど。

アメリカでの生活は、本当に気がラク♪

まぁここに来るまでの間での自分自身の進化や変化に依るところも大きいとは思うけれど。


*デザインが可愛い木の箱に入ったお菓子たち
イースターの処分価格でそれぞれ3ドルか4ドルだった*


少し前、イースターが終わった後に、木箱入りのお菓子が店頭で半額になってたので買って置いた。

目的は勿論、可愛いデザインの木の箱を何かしらプロジェクトに利用することで。

蓋の部分がスライドして開閉するのも気に入ってる。

せっかくなので蓋のデザインをそのまま活かしてイースターのテーマで使う予定。

中に入ってたお菓子が予想外に美味しかったのは嬉しいおまけって感じ。

さて、どんな作品に仕上げようか?

考えるだけでも楽しみ♪

そして私の作業場は、イースターもクリスマスもハロウィンも季節に関係なく。

相変わらず色んな材料が入り交じって混乱してる最高に幸せな場所。

*取り敢えず背景が完了、あとはヒヨコたち、かな*




4 件のコメント:

keiko ミランダ さんのコメント...

お花畑にポカリ白い雲
もう少しすると ひよこさんたちが散歩を始めるのですね
立体絵本のようで 素敵です
利き手じゃない方も意外と力入るのでしょうか?
左手さん✋ お大事に 

まゆみ さんのコメント...

お~!流石まゆみさん!イメージの広がりは天賦の才能ですね♪

イースターのお菓子の箱が、こんなに可愛く変身するんなんて!

ヒヨコたちが、楽しそうにお散歩してる姿が目に浮かぶようです。

仕上がり、楽しみにしていますね!

Mayumi さんのコメント...

keiko ミランダさん♪

はい、多分、典型的な黄色いヒヨコ達の図で。
どのような3Dにするか?検討中ですが。
立体絵本とかジオラマとかミニチュア、ドールハウス、そんな世界が大好きで。(笑

ありがとうございます。
左手は右手の助手的な存在であり役割りかと思うんですが、必要以上に力んでしまうみたいで。
力を入れて無理矢理に捻ったりする作業は割りと多いんですよね。
利き手が痛むよりは救われてるかも?なんて思いつつ。



Mayumi さんのコメント...

まゆみさん♪

ありがとうございます。
まぁ典型的で単純な場面ばかりかな、とは思うんですが。
自己満足の世界で楽しんでます。
もし仕上がりが気に入れば作品展に出そうかな、なんて考えながら。