2016年7月12日火曜日

Ex Machina のような

針金で成形した骨組みに毛糸をかぎ針編みして行く手法で、等身大のマリー・アントワネットを作って見たい衝動に駆られ、何も考えずに作業を開始。

かぎ針編みした表面で顔の表情を現すのが難しい現実に直面。

急遽、綺麗な色の羊の原毛で表面を覆ってみることに。


所謂ニードル・フェルティングという方法で、チクチク、ちくちく。





取り敢えずの途中経過ではあるけれど、Erikaがこれを見て

「怖いよー、怖いよー」

と言って怯えてる。。。


まぁ髪のない顔でしかも前面の半分だし、映画『ロボコップ』の世界と言うか、或は『エックス・マキナ』を連想させる形状かも。

マネキンも暗闇で見たら怖いのと同様。


今後の展開は未定ではあるけれど、髪の毛の制作は思い通りに運べば凄く楽しめるけれど、そうでない場合は凄く困難になりそうでもあり。


いっその事、ハロウィンに使える魔女でも作ったら良かったかな、なんて。


6 件のコメント:

Mutsuko さんのコメント...

お久しぶりです。

何やらどんどん作品が産み出されてるーっ
と思っていたら、なんとっ

凄い大物も作り始めたのですね。
出来上がり楽しみです~~♪

しかし仕上がりのスピードが速くて
毎度びっくりです。

本当に近くならコツを伝授してほしいー

para さんのコメント...

怖い、怖い・・・(苦笑)
一個前の苺ちゃんとのギャップが凄すぎ~。
それにしても次から次へと凄いアイデアが浮かばれてるようで出来上がりが楽しみだ!
でもこの方は、お身体着いてから見たいわ~。

Mayumi さんのコメント...

Mutsukoさん♪

Mutsukoさんのブログ、いつも読み逃げでスミマセンー。
今、ご紹介いただいた"Spookey Ruben"のアルバムを聞いてます。(笑

最近、調子づいて色んな物を作ってますが楽しくて楽しくて止まらないって感じです。
許される時間と環境に感謝してます。

Mayumi さんのコメント...

paraさん♪

わはは。ギャップ、、、確かに!(笑

怖いのに輪をかけて、次はやっぱり魔女を作って見ようかと思ってます。
もっと怖いですよ〜。(笑

keiko ミランダ さんのコメント...

ニードルフェルテング って 立体的にもさせるんですね!
先日 知人に教えてもらい面白くてチクチクしましたが 
虫食いやシミの付いた洋服などにもいいと教えてもらい 平面にするものと思っていたので新鮮です
早速 知人に教えてあげます(o_o)/
完成 楽しみです

Mayumi さんのコメント...

keiko ミランダさん♪
ニードルフェルティングは立体的なミニチュアの動物を作るのが日本で大人気だったのが、数年前、北米にも浸透した感じですね。
平面の絵として仕上げて、キャンバス仕立てにするのも同時に人気ですが。
気軽に出来るし、色んな作風での可能性の幅も広く、とても楽しい手法だと感じてます。
と、書いていて、私も突然、平面で絵画風に仕上げる作品を作って見たい衝動に駆られました、今。(笑