2017年5月23日火曜日

夏日と小鳥の巣

特にこれと言った理由もなくブログをさぼり続けてしまった。

色々と書き留めておきたい事はあったのだけど。

引き続きファイバーアートの手作業は楽しくて飽きもせず作品作りに没頭。

インスタグラムに割りと頻繁に写真をアップしてるので、それで自己満足度が満たされ完結してしまう感じで、ブログまで辿り着かないのが原因かも。

そもそもブログを書き続けること自体「なんで?」って気がしないでもないし。

色んな出来事があり過ぎて、色んな想いが交錯し過ぎて、頭の中がいつも混乱してる傾向にあるから、文章にする行為が思考の整理整頓をする手助けになるって利点は大いにあるかと思うけれど。

言葉って本当に難しいと思うし、人との関わりも本当にその時勝負な気がする。

余計なひと言を発してしまったり、逆に言葉が足りなかったり。

一日の終わりに反省する事ばかり。

その日に起こった場面をもう一度やり直す事が出来たら、もっと別の言い方をしたり、足りなかった言葉を補足することが出来るのに、と。

同じ内容を伝えるのに、選ぶ言葉や言い回しで印象がまるで違ったものになるのは、それが日本語であれ英語であれ同じことで。

相手に誤解を与えることなく明瞭で適切な言葉を使い、しかもぶっきらぼうでなく、丁寧でポジティブな表現の言い回しが出来るのが理想で、目指してるところではあるんだけど、でも難しい。

会話は、流れに乗ってその場のタイミングで喋らないといけないし、だからやっぱり頭の回転が速くないと、ってので、普段から頭の訓練をする必要性を感じる。

家に籠って孤独な作業に没頭しつつ脳を刺激する訓練は難しいなぁ〜。

アメリカで就労出来るヴィザを取得したら外に出て働こうかな、なんて。

外部からの刺激が無いと、体も脳も老化するのが恐ろしく速そうで怖いから。

歩道でつまづいて転んでコンクリートの地面に顔で着地して擦りむいた頬の傷が、なかなか元に戻らず、仲間の勧めもあってクリニックに行って来たんだけど、ひょっとしたらアザとして残るかも知れない可能性を示唆され、ちょっとした衝撃だった。

その可能性は考えても見なかったので。

顔に痣って、例え幾つになったとしても、やっぱり(一応)女性としてはショックな事なんだなぁ〜ってのをぼんやりと実感しつつ。

コンシーラーとかファンデーションとかで覆い隠す手立てがあるにはあるけれど、普段、フェイスパウダーしか使わないし、重いメイクは好きじゃないから、何だかとっても不自然な気がして、ありのままの自分を偽るような抵抗感もあり、多分、パス。

そんなあれやこれやをうだうだと考えつつ。

ミネソタの天候も夏日だったり冬に戻ったり、不安定感がハンパなく忙しい。

数週間前の週末は晴れて夏のように暖かで、サンルームのドアを開け放ち網戸にし、冷蔵庫からレモネードを取り出して飲みつつ、久々に夏ならではの味わいが懐かしく爽やかで、大好きな季節の解放感をしみじみ満喫してた。

その延長で、家族揃って近所のアイスクリームショップに出掛けたりもして。

*yelpからの画像*

*yelpからの画像*


近所の人達が徒歩でやって来るような店で、メニューにはハンバーガーやホットドッグなんかもあったりして、食事とデザートが同時に楽しめる。


*yelpからの画像*


ソフトクリームにはもの凄い種類の味が選べて迷ったけれど、取り敢えず私は「アイリッシュ・クリーム味」を試してみた。

安くてそこそこ美味しくて、アメリカならではのカジュアルさと夏ならではの解放感と、ゆったりとのんびりと、この上ない幸福感。

そしてそうそう、家の裏庭側の軒先の去年と同じ場所に再び、小鳥が巣を作り卵を温めている模様。


無事に雛が孵って巣立ってくれるといいな〜と楽しく見守ってるところ。


4 件のコメント:

keiko ミランダ さんのコメント...

そうですね 私もmixi書くことによって 楽し事 感動した事 辛いことなど・・何となく感じていることがはっきり整理されてくるので 今まで書いてきました。mixiに書くことによって 思いが整理でき文章もまとまったりしたので 数年前 新聞に投稿してみたら何度か記載されたのも mixiを書いてたお陰かな~~と
まゆみさんはとても感性のある文章を載せてくださるので 読ませていただきながら入り込める感じで楽しいですヽ(^o^)丿
作品とともに楽しみにしています嬉しい(*^▽^*)

Mayumi さんのコメント...

keiko ミランダさん♪

そんな風に書いて頂いてありがとうございます。
人が自分に対して感じてくれている事には、思い掛けない意外性があったりして驚かされることって多々ありますよね。
文章を書くのは難しいと日頃感じてるので、うだうだと脈略ない内容を書きなぐってる気がしてるのですが。
でも自分のブログだからいいや、と開き直りもあり。(笑

keiko ミランダさんの文章にも独特な特徴がありますよね。そう言われて見ると。
性格と同様、個人差があって楽しいですね。
多分、色んなことが反映されるんでしょうけれど、性格や考え方を主として。
私的には、素直で可愛らしい文章を書かれる印象ですので、多分、実際に純粋で可愛らしい方なのだろうと想像してます。
一度もお会いしたことがないのに、こうして長くおつきあい頂いてるのも面白いですよね〜。

作品は、(個人の趣味の範囲としては)馬鹿ほど大量に生産してますので、ブログにアップするのが追いつかない感じです。(笑
でも、気が向けば一気にアップするかも知れません。わはは。

para さんのコメント...

お久しぶりです。今年も一時帰国中です。日本はもう夏日になったりで、何処も異常気象ですね。
お顔、気になりますよね。私も一昨年かな?飲み過ぎて足に来てアゴと頬!傷残るかもって思ったけどありがたいことに消えたみたい。ってか老眼で見えてないだけかも・・・苦笑。
言葉や文章って本当に難しいですよね。日ごろ日本語を話してないので帰国当初はもう日本語がおかしい!
帰国子女の友人が他の友人に私の意図を訳してくれてました。苦笑
書く事で自分の気持ちを再認識したりストレス発散したり。海外だと話機会少ないですもんね。
海外に居ると日本語の思考回路の脳と思ってたけど話すとなると回路がまた違うのかな?
やっと普通に話せる!と思ったらそろそろあちらに帰国です。

Mayumi さんのコメント...

paraさん♪

何だか割りと頻繁に帰省されるご様子なのは羨ましいですね♪
夏の暑さは湿度が辛いですよねぇ。
梅雨に入るとまた肌寒い日があったりするのかも知れませんが。
ほんと、帰省のタイミングは難しいですね、一番快適に過ごせる期間を狙うのは。(笑

子供の頃はしょっちゅう怪我してもあっと言う間に治ってた気がするんですけどねぇ。
腕や脚ならまだしも、顔のあざだと目に付くので気になります。
少しずつ薄くなってくれるのを祈りつつ、ヴィタミン配合されたクリームやらオイルやらを試してますが。

言葉と思考って本当に厄介ですよね。
多言語を操ることが出来る人や同時通訳が出来る人は、本当に凄いと尊敬します。
要は頭の切り替えなんでしょうけれど、私も帰省して直ぐの頃はなかなか日本語脳に切り替わらず。
アメリカにいて稀に日本人と遭遇しても、英語の出来る日本人とは英語で話す方が会話がスムーズだったりします。
日本語は面倒ですよね〜。